Texi yokohamaがアンビエンテ2019に出展しました!

フランクフルトメッセの9つのホールで開催された今年のアンビエンテには、約4400社が、ダイニング、リビング&ギビング商品を出展し、世界166国から約14万人の来場がありました。texi yokohamaは、 4年連続となる出展を行い。横浜の中小企業の技術力を世界に向けてPRしました。

(アンビエンテ2019レポート(英語))

ホール8に設置された「日本スタイル」という日本コーナーにTexi yokohama がブースを出展しました。このコーナーでは多くの出展者が伝統技術を駆使して、現代的かつ創造的な製品を開発し、減少している伝統産業を活性化するとともに、持続可能な商品を作ることにフォーカスしていました。あわせて、出展者と来場者は、3 R、Reduce, Reuse, Recycleに強い意識と関心を持っていることを表明しました。

持続可能な伝統工芸

texi yokohama に参加しているクリエイターや製作者も3Rの旗を掲げています。ブリスターパックの時計は、食品包装の生産技術(使い捨て包装材を作る技術)を用いて、 長く使える綺麗な製品を開発した一つの例です。超軽量な時計は、落ちても割れないという特徴を持ち、今回展示した写真たても同じコンセプトで製作されています。

また、texi yokohama はエア・バッグのリサイクルに挑戦する少ない開発者の一つです。自動車部品の約95%はリサイクルされていますが、エア・バッグは残り5%の一部でした。texi yokohamaはエア・バッグのリサイクルは価値があることを証明し、 古いエア・バッグから丈夫で、素敵なエコバックを製作しました。さらに、texi yokohamaの一部として実施しているリバース・プロジェクト では、アップサイクリングにフォーカスし、古くて不要なものから現代的でスタイリッシュな製品を創り出すことに取り組んでいます。

Posted in ビジネス.