SDGグローバルフェスト2019に参加しました!

5 月2 日(木)~4 日(土)にかけて、ドイツ・ボンでSDGs の国際大会「The Global Festival of Action for Sustainable Development 2019(持続可能な開発のためのグローバル・フェスティバル・オブ・アクション2019)(以下、SDGs Fest)」が開催されました。SDGs Fest は、国連 SDGs アクションキャンペーンが主催するSDGs の世界大会で、国連開発計画(UNDP)が事務局を務めています。2017 年に第1 回大会が開催され、今年で3回目を迎えています。SDGs の達成に向けて活動する様々な機関や団体が、課題やベストプラクティスを共有し、解決策を見出すことを目指しています。

今年のSDGs Fest には、世界142 か国から約2,000 名が参加しました。会場ではSDGs 有識者、推進者によるプレゼンテーションやパネルディスカッション、SDGsに資する製品の展示等が行われ、メインイベントしてSDGs アクションアワードの受賞者が発表されました。

今年のSDGs Fest には、ジャパンSDGs アワードの受賞者が事務局からの招待を受けて参加しました。横浜からは、同賞の特別賞を受賞した市内企業、株式会社大川印刷が参加しました。ジャパンSDGs アワードは、SDGs の達成に向けて、優れた取組を行う企業・団体等を表彰するためにSDGs 推進本部(本部長は内閣総理大臣)が設置したものです。

今年のSDGs Fest のプログラムの一つとして、“ジャパンSDGs アワード”を紹介するセッションが開催されました。このセッションでは、外務省国際協力局地球規模総括課長がコーディネーターを務め、横浜市内企業の大川印刷の大川社長もパネリストとして登壇しました。大川社長は、同社がSDGs 経営戦略を策定し、経営計画の中にSDGs を実装していること、全社員へのSDGs 教育を実施し、ボトムアップ型でSDGs を推進していること等を紹介しました。

Posted in 環境施策.