IMEX フランクフルト – MICE(会議、シンポジウム、展示会等)が横浜で(開催)される理由

横浜市は、日本のMICE三大都市の一つです。その理由は、国内外からの抜群のアクセス、最新のコンベンション施設、ホテル・レストラン・ショッピングモール、観光名所が徒歩圏内に集積している立地に加えて、充実した公的支援、海外に開放的な市民性にあります。

横浜観光コンベンション・ビューロー(YCVB)は、横浜市のNPOとして、会議・展示会・インセンティブツアー等の企画・実施を支援しています。また、パシフィコ横浜は、2010年アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議、2013年アフリカ開発会議、2015年アジア開発銀行年次総会等の政府間会合の開催場所となるなど、世界的にも知られている国際コンベンション施設です。

横浜観光コンベンション・ビューロー) (パシフィコ横浜

2019年5月21日~23日にかけて、YCVBとパシフィコ横浜は、Messe Frankfurtで開催される世界最大のMICE見本市"IMEX2019"に出展し、国際的な学会・協会・団体等のコンベンション主催者やミーティングプランナーとの商談を行うとともに、MICE都市・横浜の魅力をアピールしました。

当事務所は、横浜開催の可能性のあるバイヤーとの関係構築を図るなど、両出展者を支援しました。 今後も、YCVBやパシフィコ横浜と密接に連携し、横浜での会議開催を検討している団体等へのフォローをしていきます。将来、横浜で国際会議・展示会・イベント等の開催を考えている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

 

Posted in ビジネス.