FF事務所が今年もピースメッセンジャー都市国際協会(IAPMC)総会に参加しました!

今年のピースメッセンジャー都市国際協会総会は9 月25 日~29 日にボスニアヘルツェゴビナのサラエボで開催され、15 カ国23 都市から約50 名が参加し、横浜市フランクフルト事務所長も参加しました。

26日に理事会が開催されていましたが、理事都市以外の参加都市には市内視察がアレンジされました。サラエボ紛争で街をセルビア軍に包囲されたサラエボとボスニア管理地域を結ぶために掘られた全長800 メートルの「サラエボトンネル」トンネル、紛争中の様子を綴った手紙、家族団らん(だった頃)の写真、壊れたおもちゃ等の展示がある「戦争子供博物館」、紛争の歴史を忘れないために平和をテーマにした特別展示を開催していた「歴史博物館」を訪問しました。

27日の総会は、サラエボ市長の開会挨拶により開幕しました。午後に行われたSDG’s ゴール11 に向けた各都市の取組を紹介するセッションに当事務所長が登壇し、本市が都市発展の過程で培ったインフラ技術やノウハウを国際協力に活用し、YPORT 事業等を通じて、アジア・アフリカ諸国への技術協力を推進していること等を紹介しました。

2日間の議論を通じて、都市が直面する紛争処理、移民政策、多文化共生などに関する議論が行われ、クロージングセッションでは、これらのテーマについて都市レベルで出来る取組を強化することを謳った「サラエボ宣言」が採択されました。また、IAPMC への新規加盟都市として、プリレップ(北マケドニア)とスレムスキ・カルロフッチ(セルビア)の加盟が承認されました。

Posted in 市政.