FF事務所がピースメッセンジャー都市国際協会(IAPMC)総会に参加しました!

横浜市は1987年に国際連合から「ピースメッセンジャー都市」の称号を授与されています。2018 年10 月31 日(水)から11 月1 日(木)までロシアのヴォルゴラードで開催されたピースメッセンジャー都市国際協会(IAPMC)に参加しました。

10月31日午前、海外からの参加者は、撃墜広場(Square of the fallen fighters)で開催された献花式に参列するとともに、ママエフの丘にある「永遠の炎」や「母なる祖国象」、スターリングラード攻防博物館等の視察を行いました。

31日午後にIAPMC 総会に併設される形で市民外交都市フォーラム(ヴォルガの対話:21 世紀における平和と相互理解)が開催されました。「ピースメッセンジャー都市の役割」セッションでは、FF 事務所長がパネリストとして登壇し、平和創造プロセスにおける市役所の役割についてコメントをしました。

夜のIAPMC 総会のプレナリーセッション1が開催され、宣言文書が採択されました。(※宣言文書のリンクをIAPMCのホームページから掲載)また、本市が総会に参加したのが8年ぶりであったことから、FF 事務所長が今回参加に至った経緯等をスピーチしました。

11月1日、前日に続いて開催された市民外交都市フォーラムの「生活の質の向上-都市による平和創造プロセス」セッションにFF 事務所長が参加し、本市が「都市間連携」「国際協力」「国際機関」「多文化共生」などの施策を総合的に推進していること等についてプレゼンを行いました。

横浜市では、2018年6月「横浜市国際平和の推進に関する条例」が制定されました。これを契機として、今後は、これまで以上に国際平和への取組を強化していきます。

Posted in 市政.