環境未来都市・横浜

「環境未来都市・横浜」は、環境問題や超高齢化への対応など、様々な課題解決に取り組み、誰もが住みたいと思う、活力あるバランスのとれた豊かなまちをつくっていきます。

横浜市は、ここ60年で人口が3.5倍にも増え、これに伴ってエネルギーの消費量も増加の一途をたどっています。さらに、超高齢化という問題では、2029年には65歳以上の高齢者が100万人に達するという推計が出ています。その中で、元気なまちをつくっていくためには、何よりも経済の活性化が重要です。

「環境未来都市・横浜」は、これらの課題を総合的に解決するために、5つの分野「低炭素・省エネルギー」「水・自然環境」「超高齢化対応」「クリエイティビティ」「チャレンジ」に取り組みます。

横浜スマートシティプロジェクト-YSCP

横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)は、日本型スマートグリッドの構築や海外展開を実現するため、2010年から5年計画でスマートシティのための技術、仕組み、ビジネスモデルを検証する社会実証プロジェクトです。

大都市であり多様な地勢をもつ横浜を舞台に、本市と民間企業(アクセンチュア、東京ガス、東芝、日産自動車、パナソニック、明電舎、東京電力等)とで協働し、再生可能エネルギーや未利用エネルギーの導入、家庭、ビル、地域でのエネルギーマネジメント、次世代交通システム等の各プロジェクトに取り組みました。

現在は、横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)で培った技術やノウハウを生かし、「実証から実装」へと展開するため、新たな公民連携組織である横浜スマートビジネス協議会(YSBA)を設立し、防災性・環境性・経済性に優れたエネルギー循環都市を目指していきます。

CEMS 地域エネルギー管理システム

地域内に導入されたHEMSやBEMSと定置型蓄電池とを連携し、地域内の再生可能エネルギーの出力変動を吸収し、需要側も含めて制御を行います。

HEMS 家庭用エネルギー管理システム

太陽電池、燃料電池等の創エネ機器、蓄電池、エアコン等の生活家電を連携させ、エネルギーの見える化を図り、CEMSと連携したDR(デマンドレスポンス インセンティブ付きの制御依頼)実証を実施します。

BEMS ビルエネルギー管理システム

コジェネ、蓄電池、充放電EVを制御し、ビル全体のエネルギー供給最適化を図るスマートBEMSを構築します。

FEMS 工場エネルギー管理システム

集光型太陽光発電とガスエンジン発電機を組み合わせ、ピークカット運用やデマンドスケジュール運転に対応し、工場全体のエネルギーの最適制御を行います。

バーチャルパワープラント(VPP)構築事業

横浜市・東京電力エナジーパートナー㈱、㈱東芝が協力し、電力のピーク需要に対応するため、地域防災拠点に指定されている市内小中学校(各区1校、全18校)に蓄電池設備を設置し、遠隔操作で統合的に制御する実証に取り組んでいます。平常時は、電力の利用量調整として活用し、非常時には防災用電力として使用することで、電力ピーク需要対策と、防災性の向上を図ります。

-電力需要の少ない時間帯に、蓄電池に充電し、電力ピーク時に放電する(充放電は、エネルギーマネジメントシステムによる自動遠隔制御)

-電力ピーク時に稼働させている、発電効率の悪い老朽火力発電所などの稼働を減らすことにつながる

スマートな住まい・住まい方プロジェクト

既存住宅のエコリノベーションを学ぶセミナーや住宅の省エネ化についての相談会の開催などの取組を進めています。

横浜ブルーカーボン事業

横浜市の臨海部では、海洋資源を用いた温暖化対策の取組を実施しています。横浜市独自のカーボン・オフセット制度の導入を目指し、シーサイドトライアスロン大会と世界トライアスロンシリーズ横浜大会で排出されたCO₂をオフセットする取組を進めています。

“チョイモビ ヨコハマ”

“チョイモビ  ヨコハマ”は、横浜都心エリアを中心に、「低炭素交通の推進」「都市生活・移動のクオリティアップ」「横浜観光の振興」を目的に、2013年10月から、日産自動車㈱と横浜市が取り組む、超小型モビリティを活用した実証実験です。観光・業務・生活等における低炭素な移動手段としての有効性やビジネスモデルの検討を行っています。

 

 

 

All  copyrights of the photos shown above belong to ©Yokohama Climate Change Policy Headquarter.

太陽光発電事業

横浜市の水再生センターなどでは、省エネ設備の導入や効率的な運転管理、施設上部を活用した太陽光発電の導入などにより、温室効果ガスの排出抑制に取り組んでいます。

 

©AP/C40