都市関係

フランクフルト市と横浜市のパートナー都市関係

1997年、横浜市はフランクフルト事務所を開設しました。

2011年、フランクフルト市と横浜市は、日独交流150周年を契機として「パートナー都市提携」を行い、友好的連帯及び相互利益に向けて協力していくこと、「経済」「地球温暖化対策」「文化芸術創造都市」の3分野において相互に交流し、両市の発展に貢献してくこと、そして交流を促進していくために、可能な限り市民社会、特に若い世代の協力を目指す、という目標のもとで交流を深めることになりました。この年、両市長はそれぞれの都市を相互に訪問し、意見交換などを行いました。

その後も両市長は、それぞれの都市への訪問を重ね会談を行い、経済セミナーの開催、大学・高校等を訪問するなど、幅広い分野での交流促進を目指しています。

若い世代の交流も進んでいます。横浜の高校生がフランクフルトを訪問したり、一方で、フランクフルトの学生も横浜を訪問し、学校での授業参加やホームステイなど、異文化での貴重な経験を積みました。

2016年パートナー都市提携5年目を迎え、フランクフルト市の主催により、旧市庁舎のカイザーザール(皇帝の間)で、式典が開催されました。

林文子 横浜市長がフランクフルトを訪問

アジア開発銀行(ADB)の第49回年次総会が、2016年5月2日~5日、フランクフルトで開催されました。モットーは「Cooperating for Sustainability」(持続可能な開発のための協力)でした。横浜市は2017年に行われる次回年次総会の開催地で、年次総会への出席と横浜のPRを行うために、代表団がフランクフルトを訪れました。.
ADB Annual Meeting 2016

代表団のトップとして林文子市長はADBセミナー「Toward Cities of the Future – Delivered, Driven or Demanded?」にパネリストとして出席し、横浜をより持続可能な都市にするための施策について講演しました。

ADB Annual Meeting Seminar 2016

第50回アジア開発銀行年次総会の横浜開催

2017年5月、第50回アジア開発銀行年次総会が横浜で開催されます。
横浜市では「ともにひらく、アジアの未来」をコンセプトに、開催に向けた準備を進めています。

会議概要

・日程 2017年5月4日(木)~7日(日)
・会場 パシフィコ横浜及び周辺ホテル
・参加者 約3,000人~5,000人(各国財務大臣、中央銀行総裁、民間金融機関関係者等)

ADB Annual Meeting 2017

横浜市の国際戦略

開港以来の歴史や海外諸都市・機関等とのネットワーク、これまでの国際協力の成果などを活かし、自治体外交を力強く展開して、「世界とともに成長する横浜」の実現を目指します。

・都市間連携を推進し、国内外の人や企業に選ばれる国際都市を実現します。
・グローバルな課題の解決に貢献し、世界の平和、安定と発展に貢献します。
・誰もが暮らしやすく、活動しやすい多文化共生社会を実現します。

横浜市国際局

横浜市国際戦略

©Yokohama Economic Affairs Bureau & Yokohama Convention & Visitors Bureau