オンラインセミナー「YOKOHAMA, THE FUTURE MOBILITY HUB」を開催しました!

横浜市は、2022年3月24日に、ドイツ系企業向けオンラインビジネスセミナー「YOKOHAMA, THE FUTURE MOBILITY HUB」を開催しました。横浜市フランクフルト事務所が中心となり、ジェトロ・デュッセルドルフ事務所などの協力を得て、横浜市におけるイノベーション連携や進出先としての横浜の魅力についてアピールしました。

セミナーでは、まずオープニングリマークとして、山中竹春横浜市長が登壇しました。世界的企業の本社や研究開発拠点が集積し、オープンイノベーションが進む横浜の活況についてPRするとともに、東京横浜ドイツ学園をはじめとする教育・生活環境を紹介しました。また、50社を超えるドイツ企業が横浜で活躍していることに触れ、さらなる企業の進出を呼びかけました。

次に、ボッシュ株式会社のクラウス・メーダー代表取締役社長がメインスピーチを行いました。同社は、ドイツを本社とする世界トップレベルの自動車機器サプライヤーの日本法人で、110年以上前に横浜で事業をスタートしています。メーダー社長は、主に、横浜市都筑区で同社グループ初の公民連携のプロジェクトとして進めている「ボッシュ・グループ新研究開発施設及び都筑区民文化センター(仮称)の整備事業」を説明すると同時に東京都渋谷区からの本社機能の移転計画を紹介しました。また、「横浜は技術、インフラ、人材、教育環境が充実し、新しいイノベーションを生み出すのに最適な場所」であり、「更に100年にわたり横浜市と連携していきたい」と話しました。

続いて、栗林岳大横浜市フランクフルト事務所長と、植田大ジェトロ・デュッセルドルフ事務所長が、それぞれ登壇しました。モビリティ分野を中心に産業集積が進む状況や、自動運転の実証実験など、横浜における最近の動向を紹介しました。また、ジェトロがドイツ3か所と横浜に事務所を持ち、横浜市とチームとなってドイツ系企業の対日投資をサポートしていることをアピールしました。

セミナーには、約60人が参加しました。今後、フランクフルト事務所がコンタクトを続け、横浜への進出実現につなげていきます。

2022年3月24日【オンラインセミナー参加募集】 「YOKOHAMA, THE FUTURE MOBILITY HUB」

オンラインセミナー参加募集】
「YOKOHAMA, THE FUTURE MOBILITY HUB」
~日本でのビジネスにご関心のドイツ企業の皆さまへ~
(3月24日)のご案内

横浜市は、3月24日(木)に、ドイツ企業・関係機関の皆様を対象に横浜のビジネス環境を紹介するオンラインセミナーを開催します。

横浜には、ドイツ企業が集積し、なかでも自動車をはじめとするモビリティ関連企業が多く活動しています。本セミナーでは、山中竹春横浜市長が、進出先としての横浜の魅力をアピールするとともに、ボッシュ株式会社のクラウス・メーダー代表取締役社長をメインスピーカーとしてお迎えします。また、横浜市フランクフルト事務所やジェトロ・デュッセルドルフ事務所から、モビリティ分野を中心としたビジネス環境や対日投資の支援メニューをご紹介します。

横浜、日本でのビジネスにご関心の皆さま、ぜひご参加ください。

オンラインビジネスセミナーのご案内

■日時
(欧州中央時間)2022年3月24日(木)10:00-11:10
(日本時間)2022年3月24日(木)18:00-19:10

■開催形式
オンライン配信(Zoomウェビナー・無料)

■言語
ドイツ語・日本語(日独同時通訳)

■対象者
ドイツ企業、経済機関の皆様等

■主催
横浜市フランクフルト事務所

■共催

ジェトロ・デュッセルドルフ事務所

■協力
The Drivery GmbH、日独産業協会(DJW)、フランクフルト市経済開発公社、フランクフルト商工会議所

■プログラム
10:00-11:10(CET) / 18:00-19:10(JST)

・オープニングリマーク
山中 竹春
横浜市長

・メインスピーチ
クラウス・メーダ―
ボッシュ株式会社 代表取締役社長

・「Future Mobility Hub -横浜のビジネス環境- のご紹介」
栗林 岳大
横浜市フランクフルト事務所長

・「ジェトロのドイツ企業向け対日ビジネス支援策のご紹介」
植田 大
ジェトロ・デュッセルドルフ事務所長

・質疑応答

■添付資料

チラシ:オンラインセミナーチラシ

♦お申し込み方法:

下記、JETRO様のURLより、2022年3月22日(火)までにお申し込みください。

なおご質問は参加ご登録の際にご記入ください(当日のご質問も受け付け致します)。

お申し込みはこちら

お問い合わせはこちら

 

ビジネスイベント「アジアベルリン・サミット2021」公式サテライトイベントに参加しました!

ベルリンで毎年1週間にわたって開催される「アジアベルリン・サミット(主催:ベルリン経産省経済エネルギー公共企業局)」では、アジア圏内の拠点都市から都市化やスタートアップ、エコシステム関係者らが集いネットワーキング等が行われ、今回、日独160周年を記念した公式サテライトイベント「Co-creating SmartCity 2025」のセッションへ、フランクフルト事務所長が登壇しました。

下の写真©2021 CROSBIE UG

ディスカッションでは、「イノベーション都市・横浜」とベルリンのモビリティ分野に特化したイノベーション拠点「The Drivery」との連携などについて紹介されるとともに、事務所長は、当事務所のミッションとしてドイツと横浜を繋ぐ橋渡しの役割とともに、ドイツとのオープンイノベーション連携の重要性や、今後の連携に向けた考えなどについて発言しました。

また、The Driveryからは、設立間もない期間で急成長を遂げた要因等について、そしてThe Drivery入居のスタートアップ企業からは、アジアへのビジネス展開に対する考えなどが述べられました。

1)日時・場所 等
10月7日(水)10時~10時30分(JST:17時~17時30分)
Onsite、 Spielfeld Digital Hub,(Skalitzer Str. 85/86 10997 Berlin)
ハイブリッド形式

(2)使用言語
英語

(3)出席者
モデレーター
CROSSBIE Japan, COO アンディ―近藤氏

パネリスト

・The Drivery / Director Sales
・ELO Mobility Gmbh / CEO
・横浜市経済局新産業創造課/ 課長補佐
・横浜市フランクフルト事務所/ 所長

【参考】

「イノベーション都市・横浜」について

「The Drivery」について

 

 

 

 

日本と欧州をつなぐ独スタートアップ支援企業CROSSBIE UGが横浜に進出!

 

このたび、ドイツ・ベルリンに本社を置くCROSSBIE UG が日本に進出し、横浜に日本法人CROSSBIE JAPAN株式会社を設立しました。

 

CROSSBIE は、日・欧双方のオープンイノベーションやスタートアップのグローバルビジネスを支援する活動を行っています。今年6月には、ドイツのイノベーションコミュニティThe Driveryと連携し、同社の日本市場参入イベントを開催しています。

 

 

横浜市は、国から「グローバル拠点都市」に選定され、世界で活躍するスタートアップの創出を目指して、The Drivery 及び CROSSBIE が進めている日・欧スタートアップの支援プログラムにも協力しています。

CROSSBIE UG CEOの山本知佳氏から、設立にあたって、以下のコメントをお寄せいただきました。

「CROSSBIE は、本社ベルリンを中心として欧州と日本をまたぐイノベーションエコシステムを構築し、内需外需といった垣根を超え、課題解決ベースでグローバルなビジネスの発展を支援することを目標にしております。この度横浜市経済局のご賛同を得て、The Driveryとの連携で、欧州のスタートアップエコシステムと日本を繋ぐプログラムを始動し、CROSSBIE JAPAN を立ち上げる経緯となりました。変化が激しいグローバル市場で加速度的な成長を目指す企業様のご支援に向け、一層尽力して参ります。」

 

同社のように、横浜進出にご興味・ご関心がございましたら、ぜひ当事務所にご連絡ください

 

CROSSBIE (ドイツの会社名:CROSSBIE UG)

住所: 横浜市中区尾上町3-35 横浜第一有楽ビル3階
代表者: 山本知佳(ドイツ)、近藤敦(日本代表)
業務内容: 日・欧スタートアップのグローバルビジネス、イノベーション支援
事業開始: 令和3年9月
ホームページ:  https://www.crossbie.co.jp/
連絡先:  CROSSBIE JAPAN 株式会社COO 近藤敦
メール:andy.kondo@crossbie.com

参考

□CROSSBIE (ドイツの会社名:CROSSBIE UG)
2020 年設立。ドイツ・ベルリンに本社を置く。Cross Border Innovation Ecosystem を社名の由来とし、JETRO の「グローバル・アクセラレーション・ハブ」のベルリン パートナーとしての活動などを通して、日本のスタートアップの欧州進出支援や、欧州のスタートアップの日本参入を積極的に支援。
https://www.crossbie.co.jp/

参考

□The Drivery
2019 年設立。ドイツ・ベルリンで、モビリティ分野(自動車産業等)に特化したイノベーション拠点を運営。ドイツ内外からスタートアップや大企業、投資家が集積、オープンから2年で資金調達総額6500 億円を超えるビジネス創出実績をあげている。現在、CROSSBIE を日本でのローカルパートナーとして、日本国内のスタートアップの欧州市場進出、欧州のスタートアップと日本企業のオープンイノベーションを支援するプログラムの参加企業を募集中。
https://www.thedrivery.com/drivery-japan

 

フランクフルト市等主催の会議「大学と都市」へ出席し、共同宣をとりまとめました

7月1日、フランクフルト市とゲーテ大学が主催する会議「大学と都市」に、フランクフルト事務所長が出席し、「Political Panel」の中で、ディスカッションを行うとともに、共同宣言を取りまとめました。

「Political Panel」には、今年、フランクフルト市とのパートナー都市提携の周年を迎える7都市が招待を受け、同市含め5都市が参加して、「民主的イノベーションと市民参加」のテーマの下、事務所長は横浜市の地域まちづくりに関して、スピーチやディスカッションを行いました。併せて、「民主主義の未来に関するフランクフルト宣言」(別添)を取りまとめました。

「Political Panel」の概要

■日時・場所  7月1日(木)10時45分~12時15分・フランクフルト市旧市庁舎 カイザザール

■使用言語  英語

■出席者

●モデレーター

・ブリジット・ガイセル教授

●パネリスト

・フランクフルト市:イナ・ハートウィッグ副市長

・クラクフ市:ニーナ・ガブリシュ市平等政策部門代表

・リヨン市:ソニア・ズドロフツォフ副市長

・テルアビブ市 :チェン・アリエリ副市長

・横浜市:栗林 岳大 横浜市フランクフルト事務所長

会議のテーマ

・各姉妹都市において、地方民主主義がどのように機能しているか。

・政党への忠誠心の低下や直接参加への要求への高まり等を通じた、代表民主主義へ深刻な課題が突き付けられる中、市民を政治的意思決定プロセスに関与させるために成功したモデルは何か。

 

 

©写真はフランクフルト市提供(マイク・ロイス氏撮影)

Frankfurt Declaration on the Future of Democracy

Gathered in the heart of Europe in Frankfurt am Main – the cradle of German democracy which began in 1848/1849 with the convening of the Frankfurt National Assembly in the Paulskirche, and a city firmly committed to the values of the European Union –

united in the spirit of “government of the people, by the people, for the people,”
resolute in our desire to develop the democratic idea in innovative ways,
and mindful of the deep scars left by the SARS-CoV-2 pandemic

we, the representatives of global cities and metropolises as present in Frankfurt am Main on this day 1 July 2021, issue the following declaration on the future of democracy and the importance of citizen participation:

As elected representatives of our cities, we stand for

  1. 1. ongoing dialogue with our citizens about the shared future in our cities and in a democratic world;
  2. 2. a society in which the democratic participation of citizens is accorded paramount importance;
  3. 3. intensification of the international exchange of experience at the political, social, cultural, and academic levels;
  4. 4. the core democratic values of our citizens;
  5. 5. the safeguarding of universal and inalienable human rights in every country of the world;
  6. 6. finding new, active ways to open up politics and the political decision-making processes to all citizens;
  7. 7. innovative and modern forms of citizen participation aimed at realizing the democratic ideals of governance.

民主主義の未来に関するフランクフルト宣言

(和訳・民主主義の未来に関するフランクフルト宣言)

ヨーロッパ中心部に位置するフランクフルト・アム・マインはドイツ民主主義発祥の地である。1848/1849年に市内のパウルス教会でドイツ初の国民議会が開かれた。そして今、フランクフルトは以下のようなEUの価値に真剣に取り組んでいる。

「人民の、人民による、人民のための政府」の精神で団結する
革新的な方法で民主的理念を発展させる強固な決意を持つ
コロナウイルスSARS-CoV-2によってもたらされた深い傷跡に真摯に対応する

世界中の大都市を代表して本日2021年7月1日にフランクフルトに集った我々は、民主主義の未来と市民参加の重要性について、以下を宣言する。

市民により選出された都市代表者として、我々は次を支持する。

1. 我々の各都市および民主的な世界の未来を共有することに関し、市民との対話を継続していく
2. 市民の民主的な参加が最高の重要性を持つ社会をつくる
3. 政治・社会・文化・学術のレベルにおいて国際的な知見交換を強化する
4. 市民重視の本質的価値観を育成する
5. 世界すべての国において普遍的かつ絶対的な人権を擁護する
6. 政治と政治的な意思決定プロセスを全市民に開放するための新しい積極的な方法を模索する
7. 政治の民主的な理念をめざし実現するために市民参加の革新的で新しい形態を追求する

ドイツ・フランクフルト市で横浜・フランクフルトのラッピング電車運行開始!

平成23(2011)年に、横浜市とパートナー都市として提携したドイツ・フランクフルト市は、本年、提携10 周年を迎えました。これを記念し、フランクフルト市で、フランクフルト市と横浜市の「景観」の写真をラッピングした電車が運行を、6月10 日(木)に開始しました。

運行に先立ち、同日、フランクフルト市内において、オープニングセレモニーが開催されました。

セレモニーでは、フランクフルト市・フェルトマン市長から、「横浜は日本で最も国際的な都市であり、その点、フランクフルトと親和性を有している。我々にとって大切なパートナーシップは非常に良い方向に進んでいます。」などのコメントがありました。

オープニングセレモニーの概要

■日 時:令和3(2021)年6月10日(木)14時30分~

■場 所:VGF車両基地 (住所:Betriebshof Ost, Gustav-Behringer-Str. 3, 60386 Frankfurt am Main)

■出席者:計約20人 (フランクフルト市長、フランクフルト交通公社(VGF) CEO、在フランクフルト日本国総領事館総領事代理、横浜市フランクフルト事務所長)

■内 容:スピーチ、フォトセッション、試乗(車両基地 → 市庁舎前)、(レセプション等なし)

ラッピング電車の概要

■運行主体:Verkehrsgesellschaft Frankfurt am Main(VGF)「フランクフルト市交通公社」※フランクフルト市100%出資会社

■運行期間:令和3(2021)年6月10日(木)~ ※今後、3~5年程度運行の予定

■対象電車:「横浜-フランクフルトパートナー都市号(通称)」1編成(2両編成)

■運行区間:フランクフルト市内地下鉄9路線

フランクフルトで開催された日本映画祭「ニッポンコネクション2021」で、 横浜の影絵劇団がパフォーマンスをライブ配信

海外で開催される日本の映画祭としては最大規模の「ニッポン・コネクション」は毎年フランクフルトで開催され、今年で21年目を迎えました。昨年に続き、2度目のオンライン開催となり、6月1日(火)から6月6日(日)の間、映画作品約80 本の他、文化プログラムとして、日本文化に関するワークショップや公演等、約40本がフランクフルト市民を中心に世界中へ提供されました。

横浜市とフランクフルト市のパートナー都市協定10周年目を迎えた今年の映画祭では、横浜市フランクフルト事務所が、「ニッポン・コネクション」主催者と、横浜の影絵劇団「劇団かかし座」をつなげ、影絵ライブパフォーマンス(6/5)等を企画・調整しましたので、今回、プログラムの内容について、報告します。

写真©ニッポンコネクション

オープニング

6月1日(火)19時からのオープニングセレモニーでは、フェスティバルの見所等について紹介がありました。司会者から、「今回のフェスティバルの中での、個人的なハイライトは?」との質問に対して、ディレクターのクロムファス氏からは「間違いなく影絵劇団のかかし座です」とのコメントがありました。

かかし座によるプログラムの全体概要

6月5日(土)14時~ 影絵ライブパフォーマンス・QAコーナー『Hand Shadows ANIMARE』(全編英語)

6月5日(土)16時~ 影絵ワークショップ・QAコーナー

6月1日(火)~ 6日(日)⋆ドキュメンタリー映画『影たちの祭り』配信(独語字幕付き)

(⋆6月30日まで延長されました)

かかし座による各プログラムの概要

影絵ライブパフォーマンス『Hand Shadows ANIMARE』・QAコーナー

「この手に限界はない」

生命を吹き込まれた影たちが繰り広げる、「手」が主役の究極のパフォーマンス。

-ANIMARE-ラテン語で、「生命を吹き込む、元気付ける」という意味を持つ言葉。手と体だけで様々な形を作り出す、新鮮な驚きに満ちた「手影絵」の世界。パフォーマーの手は次々に影に生命を吹き込み、生き生きと物語を繰り広げました。カラフルで美しい影絵と、ユーモアあふれるストーリーでおくるシルエット・ショー。ヨーロッパ、アジア、南米など、世界20カ国以上で絶賛を浴びた、ダイナミックかつ繊細なステージ。

 

・QA
視聴者から、多くの質問が寄せられ(以下例示)、関心の高さが示されました。

・作品や影絵について、何にインスピレーションを受けるか?
・グループ歴は?
・最も難しい影絵は何か?
・難しい体制をとるため、ケガなどよくするか?
・フランクフルトに来て公演する予定はないのか?

影絵ワークショップ・QAコーナー

日本古来より親しまれている手影絵遊び。江戸時代では、宴席で、太鼓持ち(幇間)が、お客さんを楽しませるためにこの手影絵を演じていたそうです。より詳細に作り方が記録された影絵虎の巻のような冊子も残っており、この手影絵がいかに魅力的であったかを知ることができました。

その手影絵の魅力を、このワークショップでは余すところなくお伝えいただきました。まずは、シンプルなハンドシャドウ・ショーをお楽しみ頂き、その後、簡単なものから、少しずつ難しいものをレクチャー。

 

影絵ワークショップ・QAコーナー

・ワークショップの様子

・ソロパフォーマンス“on the earth”
・”on the earth”登場の動物を紹介、作り方のレクチャー(フクロウ、ペンギン、ネコ、リス 等)
・日本の伝統的な遊びとしての手影絵の紹介(障子を背景に、鳥、イヌ、急須、等)
・影絵クイズ
・リクエスト時間(参加者から、ネズミ、馬、猿などのリクエスト)
・ソロパフォーマンス “Face”

・QA

参加者からの質問

・影絵の作り方を学べる本はあるか?
・フランクフルトに公演に来るか?

ドキュメンタリー映画『影たちの祭り』配信

生命を吹き込まれた「手」が、まるで独立した生き物のようにスクリーンを飛翔する「神秘的な瞬間」を克明に描き出す。と同時に、これまで公開されなかったバックステージにもカメラを向け、創立60周年を記念した三大都市での国内ツアーや、ブラジル公演出発までの劇団員たちの姿を追う。

監督は、『火星のわが家』『凍える鏡』などの劇映画で、人間の心の「影」の部分を鋭く映像化してきた大嶋拓。本作が初めてのドキュメンタリー作品となる。

6月1日~6月6日・ニッポンコネクション2021

横浜の影絵劇団「劇団かかし座」がフランクフルト市の日本映画祭「Nippon Connection」で活躍

横浜の「劇団かかし座」が、以下のオンラインプログラムを実施。

小さなお子様から大人まで楽しめる内容ですので、是非ご視聴ください。

 

・6/5 14時~15:15時「影絵ライブパフォーマンス・QAコーナー」(6€)

・6/5  16時~17時「影絵ワークショップ・QAコーナー」(8€)

・6/1~6/6 「ドキュメンタリー映画『影たちの祭り』配信

■詳細は、こちら

■かかし座についての情報はこちら

ITB 2021にオンラインショーケースを設置し横浜の魅力をアピールしました

3月9日から12日にかけて欧州最大規模のB to B旅行博ITB2021が開催されました。通常であれば毎年この時期にベルリンメッセを会場として対面開催されているものですが、今年は初めてオンラインで開催されました。毎年世界各国から、旅行代理店、ホテル、航空会社、鉄道会社、メディア、自治体等が参加しています。1966年に第一回が開催されており、その歴史は半世紀以上になります。

当事務所では、在欧の旅行メディアとの関係強化を目的として、JNTOが設置したジャパンパビリオンの中に、横浜ブースを出展しました。

主催者の発表によれば、初めてのオンライン開催となった今年のITBには、世界120カ国から約3千5百社が出展し、約6万5千人がオンラインプラットフォームを訪れました。対面で開催された一昨年(ITB2019)には、約1万社が出展し、約16万人の来場があったことと比較すると、オンライン開催だった今年は約6割程度、参加者が減少しことになります。

近年は、日本政府観光局(JNTO)が継続してジャパンパビリオンを設置し、そのパビリオン内に出展する団体が公募されます。FF事務所としては、昨年に続いて、エントリーをしました(昨年は、コロナウィルスの感染拡大により開催直前に中止)。

横浜ブースでは、横浜観光コンベンションビューロー(YCVB)から提供を受けた観光誘客のためのプレゼン資料を掲載するとともに、横浜のことを良く知らない訪問者の向けに、複数の動画コンテンツをアップロードしました。面談リクエストを受け取ったことの上、欧州に拠点のあるメディアや対日観光を取り扱っている旅行会社を中心にこちらからもアプローチをして、横浜の観光資源の紹介をしつつ、SNSやデジタルマガジンを通じた欧州でのプロモーションについて意見交換をしました。

旅行者の往来が活発なる時期に関する議論では、楽観的な見方をしている例では今年の秋から、現実的な見通しとしては今年の冬から、厳しめの見方をしている例では、来年のイースター休暇(4月頃)もしくは夏休みという見解を得ることができました。

その見解に基づき、これから積極的に欧州の旅行者に対して横浜市の魅力をアッピールしていきたいと思います。

 

バイオヨーロッパ2020デジタル・横浜市内企業紹介

COVID-19の影響により、今年のバイオヨーロッパは2020年10月26日から29日までデジタル版として開催されます。当事務所ではデジタル展示を行い、横浜のバイオライフサイエンスクラスター「LIP横浜」と横浜のビジネス環境について紹介します。

私たちは、皆様からの質問に答え、皆様が横浜のバイオライフサイエンスと連絡を取ることをお手伝います。

横浜のビジネス環境について知りたい方、横浜の企業やクラスターと連絡を取りたい方は、パートナリングツールを通じて面談の予約をしていただくか、もしくは事務所宛に直接お問い合わせください。

また、バイオヨーロッパ2020の期間外においても、必要があれば、私たちはいつでもあなたのオフィスを訪問し、横浜の魅力やビジネス環境について紹介することもできます。ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

バイオヨーロッパ2020に参加する横浜の企業をご紹介します。

※企業と製品の詳細については、各社のホームぺージをご覧ください。

株式会社グライコテクニカ

株式会社セルフリーサービス

MabGenesis株式会社

メディギア・インターナショナル株式会社

Reprocell Inc.

私たちは、あなたが横浜の企業とつながりを持つことを支援します。ご関心をお持ちの方は、是非、ご連絡ください。

バイオヨーロッパ2020で皆様とお会いできることを楽しみにしています!