FF事務所が今年もピースメッセンジャー都市国際協会(IAPMC)総会に参加しました!

今年のピースメッセンジャー都市国際協会総会は9 月25 日~29 日にボスニアヘルツェゴビナのサラエボで開催され、15 カ国23 都市から約50 名が参加し、横浜市フランクフルト事務所長も参加しました。

26日に理事会が開催されていましたが、理事都市以外の参加都市には市内視察がアレンジされました。サラエボ紛争で街をセルビア軍に包囲されたサラエボとボスニア管理地域を結ぶために掘られた全長800 メートルの「サラエボトンネル」トンネル、紛争中の様子を綴った手紙、家族団らん(だった頃)の写真、壊れたおもちゃ等の展示がある「戦争子供博物館」、紛争の歴史を忘れないために平和をテーマにした特別展示を開催していた「歴史博物館」を訪問しました。

27日の総会は、サラエボ市長の開会挨拶により開幕しました。午後に行われたSDG’s ゴール11 に向けた各都市の取組を紹介するセッションに当事務所長が登壇し、本市が都市発展の過程で培ったインフラ技術やノウハウを国際協力に活用し、YPORT 事業等を通じて、アジア・アフリカ諸国への技術協力を推進していること等を紹介しました。

2日間の議論を通じて、都市が直面する紛争処理、移民政策、多文化共生などに関する議論が行われ、クロージングセッションでは、これらのテーマについて都市レベルで出来る取組を強化することを謳った「サラエボ宣言」が採択されました。また、IAPMC への新規加盟都市として、プリレップ(北マケドニア)とスレムスキ・カルロフッチ(セルビア)の加盟が承認されました。

FF事務所がピースメッセンジャー都市国際協会(IAPMC)総会に参加しました!

横浜市は1987年に国際連合から「ピースメッセンジャー都市」の称号を授与されています。2018 年10 月31 日(水)から11 月1 日(木)までロシアのヴォルゴラードで開催されたピースメッセンジャー都市国際協会(IAPMC)に参加しました。

10月31日午前、海外からの参加者は、撃墜広場(Square of the fallen fighters)で開催された献花式に参列するとともに、ママエフの丘にある「永遠の炎」や「母なる祖国象」、スターリングラード攻防博物館等の視察を行いました。

31日午後にIAPMC 総会に併設される形で市民外交都市フォーラム(ヴォルガの対話:21 世紀における平和と相互理解)が開催されました。「ピースメッセンジャー都市の役割」セッションでは、FF 事務所長がパネリストとして登壇し、平和創造プロセスにおける市役所の役割についてコメントをしました。

夜のIAPMC 総会のプレナリーセッション1が開催され、宣言文書が採択されました。(※宣言文書のリンクをIAPMCのホームページから掲載)また、本市が総会に参加したのが8年ぶりであったことから、FF 事務所長が今回参加に至った経緯等をスピーチしました。

11月1日、前日に続いて開催された市民外交都市フォーラムの「生活の質の向上-都市による平和創造プロセス」セッションにFF 事務所長が参加し、本市が「都市間連携」「国際協力」「国際機関」「多文化共生」などの施策を総合的に推進していること等についてプレゼンを行いました。

横浜市では、2018年6月「横浜市国際平和の推進に関する条例」が制定されました。これを契機として、今後は、これまで以上に国際平和への取組を強化していきます。

横浜市フランクフルト事務所が開設20周年を迎えました!

1962年、横浜市の欧州駐在員事務所がハンブルクに開設され、その後1997年、フランクフルトに移転し、今年で20周年の節目の年を迎えました。それを記念し、11月15日、日頃からお世話になっているドイツ在住の関係者30名ほどをお招きし、フランクフルトで記念レセプションを開催しました。フランクフルト市からは、ウルスラ・フェッヒター副市長にご出席いただき、また、遠くベルリンやデュッセルドルフから駆けつけてくださったゲストもいらっしゃいました。横浜市役所からは、国際局部長の石川と温暖化対策本部部長の大倉が出席しました。

石川と大倉は同日、フランクフルト市エネルギー局のヴィーブケ・フィービッヒ部長と面会し、フランクフルト市が新たに開始した気候保護のキャンペーンや、温暖化対策分野での今後の両市の連携について、意見交換を行いました。また、市内にあるインダストリーパーク・へヒストを訪問して、今年導入されたばかりの水素バスに乗車し、エリア内を視察しました。

横浜市はコンスタンツァ市と姉妹都市提携40周年を迎えました!

2017年4月、加藤広人 横浜市会副議長、柏崎誠 副市長を中心とする横浜の代表団が、姉妹都市提携40周年を迎えたルーマニアのコンスタンツァ市を訪問し、デセバル・ファガダウ  コンスタンツァ市長と面会し、文化を中心とした両市のこれまでの交流実績を確認するとともに、今後のより一層の交流促進について意見交換を行いました。

また、姉妹都市提携40周年を記念して、横浜コンスタンツァ友好委員会のメンバーが、コンスタンツァ国立劇場で光里流の日本舞踊や剣舞のパフォーマンス、津軽三味線の演奏を披露しました。
友好委員会のメンバーは、首都ブカレストにあるルーマニア国内の高校で唯一日本語の授業を行うクレアンガ高校でも日本舞踊を披露し、日本語を学ぶ約70人の生徒が鑑賞、そして一緒に参加し、大いに盛り上がりました!

横浜市長がADBフランクフルト年次総会に参加、2017年は横浜で開催!

2016年5月、フランクフルトで第49回ADB(アジア開発銀行)年次総会が開かれました。横浜市は翌年の2017年5月に、同総会を横浜で開催するのに向けて、横浜のPRブース会場内に設置し、AUNJクラシックオーケストラによる和楽器演奏のパフォーマンスや呈茶、書道のワークショップなどを通して多彩な日本文化の魅力を紹介しました。

期間中に開催されたセミナーでは、林文子 横浜市長は「都市の未来へ向けて」をテーマに、横浜市の都市づくりや新興国都市の課題解決支援の取り組みなどを通して、長期的なビジョンに基づく都市経営の経験と重要性を、ADB関係者に広くアピールしました。

会期最終日には次回開催国イベントを主催し、フランクフルトから横浜へ開催都市が引き継がれ、次回2017年に開催する第50回年次総会のテーマやロゴマークを発表しました。

詳しくは、第50回アジア開発銀行年次総会のウェブサイトをご覧ください。

第50回アジア開発銀行年次総会
横浜開催PR movie(約3分)