私の横浜出張記

2017年10月28日~11月6日まで、私は初めて横浜に出張に行ってまいりました。横浜と比べると人口が少ない広島で留学していた私は、横浜のように大きな街も好きになれるだろうかと少し思いながら、出張を楽しみにしていました。今回の出張の目的は、パートナー都市であるフランクフルトと横浜の文化交流のサポートと、横浜のビジネス相談窓口やインキュベーション施設の視察、そして外国人として横浜・日本を快適に旅することができるかどうかの確認も兼ねたものでした。

日本に到着した日は東京に宿泊し、浅草の雷門、渋谷、明治神宮、東京タワーなど、外国人観光客がよく訪れる場所を巡りました。そして翌日横浜に移動し、横浜の宿泊場所は新横浜国際ホテルを予約していました。まずはホテルに荷物を置き、外国人にも人気のある鎌倉に行ってきました。

東京から横浜へも、横浜から鎌倉への移動にかかった時間も、30分以下だったのにはとても驚きました。残念ながら台風の影響で、有名な大仏を拝むことはできませんでしたが、横浜にすぐに戻って来ることができ、横浜駅周辺でショッピングを楽しむことができました。

三溪園

次の日は、横浜市役所の職員と一緒に、本牧にある三溪園に行きました。ガイドの方が園内の歴史的な建築物を案内してくださり、また、園内の施設で茶道も体験することができました。これまでにも、お茶をいただいたことはありましたが、自分でお茶を立てることは初めての体験で、私にとってとても印象に残る経験となりました。緑あふれる庭園は、秋になり一部の葉が赤や金色に色づき始めとても綺麗で、三溪園で一日中過ごしたくなりました。夏の夜には蛍を鑑賞することができるらしく、それはとっても神秘的だろうな、と想像したりしました。

 

ヨコハマトリエンナーレ 2017

その後、三溪園を後にして、みなとみらいの横浜ランドワークタワーに向かいました。その途中では、帆船日本丸や、アミューズメントパークのコスモワールドや有名な大観覧車「コスモクロック」を見ることができました。さらに、ランドマークタワー内の素敵なショッピングセンターを通り、上品な建築様式の高層ビルや緑化している外壁を眺めながら、ヨコハマトリエンナーレの主会場である横浜美術館に到着しました。

ヨコハマトリエンナーレは横浜で3年に1回開催される現代アートの国際展で、街の至る所に作品が展示されていました。例えば、ショッピングセンターの大きな亀、救命ボートや救命胴衣が美術館の壁面に飾られたインスタレーション、漫画スタイルの絵やアラビアの人形劇等々、短い時間では見きれないほど、様々な文化の色々な作品がありました。トリエンナーレのレポートは、こちらでも紹介しています。

ユニークな街並み

後日、今回フランクフルトと横浜の文化交流のために訪日されたユスツス・ベッカーさんとも、横浜の様々な場所を訪れました。山下公園、ユニークなデザインの大さん橋客船ターミナル、昔は灯台として使われていたマリンタワー、そして昔、船が港に到着したときにすぐ見えたという横浜三塔(キング(神奈川県庁本庁舎)、クイーン(横浜税関)、ジャック(横浜市開港記念会館))など。

そして、横浜ランドマークタワー69階の展望フロアからは、 横浜の全景が見えました。少し霧がありましたが、富士山も望むことができました。ちなみに、宿泊している新横浜国際ホテルの窓からも、富士山を何回も見ることができたのは、とても素晴らしかったです。外国人がなぜ富士山をすごいと思うかと言うのは、恐らく初めて自分で富士山を見ることができたときに分かるかもしれません。ベッカーさんとは他にも、一緒に美味しいお寿司を食べたり、アートを生かした街づくりで成功している黄金町エリアを訪れたりしました。

八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイスは確かに“パラダイス“です。海沿いを散歩するだけでも気持ちがいいですが、もちろん訪れた理由は、主に水族館を見ることでした。「ふれあいラグーン」での海の生き物との触れ合いは素晴らしい体験で、さらにその日はとても運がよく、イルカにも触れることができました。そして、水族館だけでなく、周りの遊園地にもわくわくするアトラクションがたくさんあり、一日中楽しむことができます。私の個人的な感想としては、三溪園と八景島シーパラダイスが、横浜で一番魅力的な場所だと思います。

横浜のメリット

一週間横浜に滞在して感じたのは、横浜は東京より人混みが少なく、リラックスした気持ちになれるということです。今回幸い東京でも電車に乗り込むときに、駅員から車内に押し込まれるということはありませんでしたが、横浜には快適に散策できる大きな広場が街中にあります。それにも関わらず、東京まで25分しかかからないことは、ビジネスだけでなくナイトライフを楽しむにもメリットがあると思います。横浜を選ぶことは、動と静の良さを両方享受することができるのです。

横浜で特にお気に入りだったのは、例えば昼休みを使って、少し周りを散歩したりすることができることです。例えば、ランドマークタワーと赤レンガ倉庫を結ぶ汽車道の橋は、特にこの季節はイルミネーションで彩られ、ロマンチックな景色を楽しめます。さらに、美しい花が植えられた小さな公園のようなスペースもあり、都会の喧騒を忘れさせてくれる素敵な場所です。

横浜の街中の案内標識は、日本語が読めない人でも困らないように、日本語だけではなく英語でも書いてあります。電車の時刻表は分かりやすく、もし質問があった場合でも、お店や駅のスタッフは英語で対応してくれ、横浜は外国人にとって、とても旅行しやすい街です。何より、横浜はとても美しい街で、新鮮な色彩と海からの潮風、そして芸術的な要素と建築様式のミックスが、他にはない鮮やかな街並みを形づくっています。

横浜への旅行、あるいは出張を計画されていらっしゃる場合は、ぜひ当事務所にご連絡ください

世界へのゲートウェイ: 横浜港大さん橋国際客船ターミナルの魅力

1859年の開港が、横浜という街を国際的な都市に変えました。横浜港は東京湾の中央、そして横浜の中心部に位置するため、貿易だけではなく、特に観光客に多くのメリットをもたらしています。有名な観光スポットからショッピングモールまで、大さん橋国際客船ターミナルから徒歩ですぐに行くことができます。また、日帰りで、東京や鎌倉、富士山への観光も可能です。

日本の大きなクルーズ船である「飛鳥Ⅱ」と「ぱしふぃっくびいなす」が、1月から3月まで何度も大さん橋に入港します。さらに、ラグジュアリーな「ノーティカ」や総トン数が9万トンを超える「ノルウェージャン・ジュエル」 は、2018年初めて横浜港に入港します。もちろん、その他にもたくさんのクルーズ船を間近で見ることができます。詳しいスケジュールは下記のとおりです。

大さん橋国際客船ターミナルは、客船の入出港以外にも、色々な形で楽しむことができます。ターミナルは44.000㎡にも及ぶ広さがあり、屋上には木製のベンチが備えられています。またレストランやカフェからは、ベイブリッジやみなとみらいの鮮やかなスカイラインを望め、すぐ近くには散策するのに最適な山下公園もあります。

ターミナルの建物は、アレハンドロ・ザエラ・ポロ氏 とファッシド・ムサヴィ氏によるユニークな波のうねりの形でデザインされており、客船への乗降に必要な高さを確保しながら、横浜港の眺望を妨げないように、それ以上の高層となることを抑えています。

大さん橋国際客船ターミナルの情報はこちら

飛鳥II
1月4日(木) ~5日(金) 、8日(月)、25日(木) 、27日(土) ~28日(日)

3月7日(水) 、13日(火)、16日(金) 、18日(日)、23日(金) ~25日(日)

ぱしふぃっくびいなす

1月5日(金) 、8日(月)~10日(水)

2月28日(水) ~3月1日(木)

3月8日(木) 、10日(土) 、26日(月)

ノーティカ     

3月23日(金) ~24日(土)

ノルウェージャン・ジュエル  

4月1日(日)    

入港スケジュールはこちら

 

EU・日本 のIUCプロジェクトに横浜とフランクフルトのペアが採択!

欧州連合(EU)が主催する「国際都市間協力(IUC:International Urban Cooperation)プロジェクト」について公募があり、本市はフランクフルト市との連携を希望する内容で応募し、この度採択をされました。このIUCプロジェクトは、欧州と世界各国の都市がペアを組んで共通の課題解決に向け連携し、対応策を共有しあうことを通じて、持続可能な都市開発を進めることを目指すものです。

都市間協力の対象国は日本、中国、インド、北米、中米、南米の都市で、今回日本から欧州の都市とのペアで選ばれたのは、本市を含めて5都市です。今回の採択により、本市とフランクフルト市は、2011年に締結したパートナー都市提携のより一層の連携強化が期待され、共通の課題に一緒に取り組んでいくことになります。両市の間における交流テーマは、エネルギーマネジメントに関する取組、水素施策及び普及啓発に関すること等を予定しています。

なお、2017年11月10日、ベルギー王国ブリュッセル市において、今回選定された欧州及び世界の都市とEU関係者が出席し、今後の連携や目標について議論を行うとともに、日本の都市を代表して、横浜市温暖化対策統括本部の黒水副本部長が、本市の温暖化対策の取組について発表しました。

IUCプロジェクトについての詳しい情報はこちら

横浜・フランクフルト、新たな文化交流をスタートしました!

2017年11月2日(木)、フランクフルトのグラフィティアーティスト、ユスツス・ベッカーさんは横浜市国際局を訪問し、今回、横浜美術大学(青葉区)の校舎壁面で実施する、作品の公開制作パフォーマンスや学生とのワークショップについて紹介しました。

11月4日(土)、ベッカーさんはグラフィティアートの作品制作を開始し、80%ほどを仕上げました。翌日5日(日)は、横浜美術大学の体育館で学生約20人が参加する形で、スプレー・ワークショップを開催し、スプレー・ペイントの技術を伝えたり、グループに分かれての作品制作を行いました。

また同時並行して、壁画ペインター・VRアーティストの吉田佳寿美さんによるワークショップも開催されました。いずれのワークショップも短い時間だったにも関わらず、参加者は作品制作を楽しみ、充実したものとなりました。

同日午後、ベッカーさんは約60人の観衆が見守る中、校舎壁面での作品制作作業を終え、作品の中に “Don’t bury your dreams, put them to reality“ という言葉を記しました。この言葉には、世界に向けて大きな心を持ち、自信を持って前に進んで欲しい、というベッカーさんからのメッセージが込められています。そして、美術大学の学生がこの壁画を見て、スプレー・ペイントにも興味をもってくれるようになれば、とベッカーさんは望んでいます。

横浜とフランクフルトとの最初のアーティスト交流が、このような形で成功に終わりましたが、もしかしたら今後も、ベッカーさんと横浜美術大学との交流は続くかもしれません。そして、来年(2018年)は、横浜からフランクフルトにアーティストを派遣する予定です。

横浜市立桜丘高校とシューレ・アム・リードが姉妹校締結!

2017年11月14日、横浜市立桜丘高校とフランクフルトにある総合学校シューレ・アム・リードが、姉妹校締結を行いました。この締結により、パートナー都市である横浜市とフランクフルト市は、若い世代のより一層の交流促進を目指します。

今後両校では、生徒の交換留学を実施し、部活動体験やホームステイなどを通じて、生徒間、学校間の相互理解と友情を深めていきます。 桜丘高校とシューレ・アム・リードは、自主性の尊重やそれぞれの個性・能力を伸ばすこと、創造力・実践力の養成という教育方針が共通しています。この合意が、日本とドイツの若者による自国文化の発信や外国文化の理解につながることが期待されます。

 

桜丘高校の中島 久男 校長は、創立90周年の記念すべき年に、両校の姉妹校締結を大変嬉しく思い、今後さまざまな交流を通じて、生徒がさらに異文化を理解し、国際社会に貢献できる人物となることを期待する旨のコメントを寄せています。

一方、シューレ・アム・リードのクリストフ・ガンス 校長 は、生徒並びに学校関係者すべてにとって、今回の姉妹校締結は大変素晴らしい機会となり、この交流プログラムを通じで、日本文化や日本人の温かいおもてなしを生徒たちにも感じてもらいたい、と話されています。

両校の交換留学は、2018年から開始される予定です。この新たな学校交流・交換留学は、横浜とフランクフルトのパートナー都市関係を、より一層強固なものにしてくれることでしょう。

横浜市フランクフルト事務所が開設20周年を迎えました!

1962年、横浜市の欧州駐在員事務所がハンブルクに開設され、その後1997年、フランクフルトに移転し、今年で20周年の節目の年を迎えました。それを記念し、11月15日、日頃からお世話になっているドイツ在住の関係者30名ほどをお招きし、フランクフルトで記念レセプションを開催しました。フランクフルト市からは、ウルスラ・フェッヒター副市長にご出席いただき、また、遠くベルリンやデュッセルドルフから駆けつけてくださったゲストもいらっしゃいました。横浜市役所からは、国際局部長の石川と温暖化対策本部部長の大倉が出席しました。

石川と大倉は同日、フランクフルト市エネルギー局のヴィーブケ・フィービッヒ部長と面会し、フランクフルト市が新たに開始した気候保護のキャンペーンや、温暖化対策分野での今後の両市の連携について、意見交換を行いました。また、市内にあるインダストリーパーク・へヒストを訪問して、今年導入されたばかりの水素バスに乗車し、エリア内を視察しました。

第6回「ヨコハマトリエンナーレ」が閉幕しました!

今年の「ヨコハマトリエンナーレ」は、11月5日に閉幕しました。3か月間に及ぶ会期期間中、計約26万人がメイン会場や関連イベントに来場しました。世界各地からの来場者が増える中、“孤独や接続性”というテーマは、時代を反映したものでした。年齢を問わず皆が楽しめ、先行きの見えない複雑な時代に、人間の想像力・創造力で未来への知恵を多くの人と共に考える、という主催者のねらいが達成されました。

当事務所のサスキア・コルダツキは、メイン展示会場の横浜美術館を訪問し、多種多様なアートに感銘を受けました。絵画や現代的なインスタレーションだけでなく、映像、写真、音響と照明のインスタレーションもあり、また、日本人アーティスト以外にも、世界各国のアートが様々な言語で展示されていました。そのため、来場者は皆がそれぞれに好きな作品を発見することができ、それについて議論したり、思いを巡らすよう刺激を受けたのではないかと思います。

横浜・フランクフルト、新たな文化交流を実施します!

横浜市とフランクフルト市との間のパートナー都市協定に基づき、この度、フランクフルトのグラフィティアーティスト、ユスツス・ベッカーさんを横浜にお招きし、市内青葉区にある横浜美術大学の校舎壁面での作品制作公開パフォーマンスを開催します。

ドイツ・フランクフルトの芸術を身近に感じに、ぜひお越しください。

当日は、壁画ペインター・VRアーティストの吉田佳寿美さんにも作品制作のご協力をいただく予定です。

開催日時:2017年11月5日(日)13時~15時

会場:横浜美術大学 本館壁面

※雨天時は、室内でパフォーマンスを行います。

(住所 〒227-0033  横浜市青葉区鴨志田町1204)

詳しくはこちらをご覧ください。

Artwork ©Justus Becker

Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫では、11月25日(土)から12月25日(月)までの計31日間、昨年過去最多となる80万人以上の方にお越しいただいた『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』を、イベント広場で開催します。

クリスマスマーケットは、1393年にドイツ・フランクフルトで始まったと言われている、クリスマスの訪れを待つ“アドヴェント”の期間にクリスマス準備のショッピングを楽しむ催しです。

2010年から開催され8回目を迎える今年は、ドイツのクリスマスマーケットの中でも、西部最大であるケルンのクリスマスマーケットの世界観が再現されます。

ぜひ遊びにいらしてください。

詳しくはこちらをご覧ください。

ロンドンJAPAN MATSURIに出展、横浜観光をPR!

9/24(日)ロンドンの中心部にある人気の観光地、トラファルガー広場でJAPAN MATSURIが開催され、当事務所は初めてブースを出展し、横浜の観光や文化・スポーツイベントをPRしました。祭り当日は天候にも恵まれ、横浜ブースにもたくさんの方が立ち寄ってくださいました。

来場者からは、横浜がラグビーワールドカップ2019TM日本大会の開催都市の一つで、横浜国際総合競技場で決勝戦が行われることについて、特に高い関心が寄せられました。

 

今回の横浜ブースの出展にあたっては、クレア(自治体国際化協会)ロンドン事務所の高桑様、そして、横浜銀行ロンドン駐在員事務所の清水様に大変お世話になり、この場を借りて心より御礼申し上げます。