2016

2016年01月11日~13日 - フランクフルト市のペーター・フェルトマン市長が横浜を訪問

平成28年1月11日から13日までの3日間、横浜市とパートナー都市提携5年目を迎えるドイツ連邦共和国・フランクフルト市から、フェルトマン市長をはじめとする代表団が横浜を訪問しました。

1月11日の夜、横浜日独協会と横浜フランクフルト友好委員会は、代表団をレセプションで歓迎しました。レセプションには、横浜市会議員や以前市民交流に参加した市民の皆さんも出席しました。

写真:
横浜日独協会と横浜フランクフルト友好委員会主催レセプション
© Vincenzo Mancuso

フランクフルト視察団
© 横浜市

1月12日に代表団は横浜市会を訪問し、議長表敬及び本会議場でフェルトマン市長が演説を行いました。

その後、林市長と会談し、若者の交流促進、高齢者問題や待機児童対策などの共通の都市課題について話し合いました。
 
写真:

新横浜ラーメン博物館で、代表団はラーメンと日本の食文化を体験しました。

フェルトマン市長は横浜市会で演説を行いました

フェルトマン市長と林市長

新横浜ラーメン博物館を訪問する代表団
© 横浜市

1月13日は、フランクフルト・ラインマイン国際投資促進公社が自動車産業セミナーを開催し、横浜市内の自動車関連企業が参加しました。セミナーでは、フェルトマン 市長、ミュラー フランクフルト商工会議所会長とメンゲス フランクフルト・ラインマイン国際投資促進公社社長が講演をしました。(フランクフルト・ラインマイン国際投資促進公社とは、ドイツ国外からフランクフルト・ラインマイン地域への投資(進出)をサポートする経済振興機関のこと)コンチネンタル社はフランクフルトと横浜の両方で成功しており、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン株式会社のハーゲドルン社長が、産業や自動車業界の最新のトレンドについて語りました。

代表団は教育の分野にも関心があり、その後、横浜市立みなと総合高校と横浜市立大学を訪問。みなと総合高校では、フランクフルトの学校、シューレ・アム・リートのガンス学校長と今後の高校生交流について話し合い、横浜市立大学では、フランクフルトにある大学との交流について意見交換を行いました。

写真:

経済セミナー
© 横浜市

2016年03月22日 - ニュースレター 2016年3月号
当事務所のニュースレター(2016年3月版)を発行しました。 (PDF 3.2 MB)

2016年5月2日~5日 - 林文子横浜市長がフランクフルト市を訪問

アジア開発銀行(ADB)の第49回年次総会が2016年5月2日~5日、フランクフルトで開催されました。モットーは「Cooperating for Sustainability」(持続可能な開発のための協力)でした。横浜市は2017年5月に行われる次回年次総会の開催地であり、年次総会への出席と横浜のPRを行うために、代表団がフランクフルトを訪れました。

代表団のトップとして林文子市長はADBセミナー「Toward Cities of the Future – Delivered, Driven or Demanded?」にパネリストとして出席し、横浜をより持続可能な都市にするための政策について講演しました。

 

年次総会期間中、横浜市はPRブースを設置し、会議参加者に横浜の魅力を紹介しました。ブースでは、『AUN J クラシック・オーケストラ』による和楽器を使った演奏や、書道や茶道体験を通じて、参加者は横浜と日本の文化に触れることができました。

 

さらに、『AUNJクラシック・オーケストラ』は、フランクフルト市内の学校2校で演奏会を開催し、生徒たちが日本の伝統楽器を身近で見たり聴いたりすることができました。

 

 

 

林文子市長とアジア開発銀行中尾武彦総裁は2017年横浜で開催されるADBの第50回年次総会に向けて、協力の覚書を更新し、連携を強化しました。

今回の年次総会の最終日には、次回開催国イベントが開催され、林文子市長はドイツ連邦経済協力開発省政務次官ハンス=ヨアヒム・フッホテル氏からバトンを受け取りました。

 

 

フランクフルト訪問に合わせ、林文子市長はフランクフルト市のペーター・フェルトマン市長とも面会しました。フェルトマン市長は、林市長と代表団一行をレーマー市庁舎の歴史的な「帝王の間」でレセプションを開催して歓迎しました。

同日、横浜市立大学とフランクフルトのゲーテ大学が協力協定を締結し、その結果を両市長に報告しました。

 

今回のフランクフルト訪問の大きな目的の一つは、「高齢化社会」に関して両市長が意見交換することでした。両市長はフランクフルトと横浜の専門家とともにラウンドテーブルを開催し、両市が抱える課題や解決策について話し合いました。

高齢化社会のテーマに沿って、林市長と代表団はカトリック教会のNPO法人が運営する多世代の家「Lebenshaus St. Leonhard」を視察しました。この施設は、一般賃貸住宅、老人介護施設及び保育園が併設されており、様々な年代の住民が日常生活や運動・音楽などのアクティビティを通じて、常に交流できる生活モデルとなっています。

 

2016年5月15日 - 横浜出身のヴァイオリニスト 毛利文香さん

昨年、横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞された横浜市出身のヴァイオリニスト 毛利文香さんは、現在、ドイツのクロンベルクアカデミーに留学され、より一層ヴァイオリンの腕を磨かれている。この度、実技試験を兼ねた演奏会がクロンベルク市庁舎で開催され、応援に駆けつけた。演奏された曲目は、ウジェーヌ・イザイ作曲の無伴奏ヴァイオリンソナタとセザール・フランク作曲のヴァイオリンとピアノのためのソナタの2曲。情感にあふれた演奏で、多くの観客が毛利さんの演奏に聴き入った。

毛利さんは、横浜市港南区出身で、2012年高校3年のときに、「ソウル国際音楽コンクール(ヴァイオリン部門)」にて最年少で優勝。昨年は、イタリアのジェノバで開かれた「パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」で2位に入賞、さらに、ベルギーのブリュッセルで開かれた「エリザベート王妃国際音楽コンクール(ヴァイオリン部門)」で6位に入賞されるなど、国内外の数々のコンクールで活躍をされている。今年7月には、横浜のみなとみらいホールで、毛利さんの演奏を聴くことができるので、ぜひお出かけください。詳細はこちら

2016年5月21日 – デュッセルドルフのジャパンデー

ドイツで最大の日独交流フェスティバル、デュッセルドルフの日本デー(Japan-Tag)が開かれ、晴天に恵まれたこの日は75万人(主催者発表)もの来場者がありました。横浜市フランクフルト事務所も、在デュッセルドルフ日本国総領事館さんのご厚意により、ブースを間借りして横浜のPRを行い、たくさんの方に横浜の魅力を知っていただくことができました。
  

2016年5月24日~29日 - ニッポン・コネクション日本映画際

2016年5月24日~29日、フランクフルトで第16回ニッポン・コネクション日本映画祭が開催されました。100本以上の長編・短編映画が上映されるとともに、豊富な文化プログラムが催され、日本から60人以上の映画関係者がゲストとして来独しました。
横浜からは、東京芸術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の助教 村上寛光 氏 と非営利の共同体「+」(プラス)の映画作家 牧野貴 氏 がお越しになりました。

フランクフルト市は横浜からのフィルムメーカーとそのホストであるニッポン・コネクション事務局のために、レーマー市庁舎でレセプションを開催してくださいました。

映画祭では、村上氏は東京芸術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の学生の作品を上映し、また、牧野氏は自分自身の作品を上映し、子ども向けのワークショップも開催してくださいました。

当事務所は、文化プログラムへの協力として、着物ワークショップを開催。参加者は着物の歴史などについて学び、その後自分で浴衣の着付けを体験し、日本文化に触れることができました。

写真:
映画作家牧野貴氏とジャズミュージシャン ヒラリ・ジェフェリ氏(当事務所職員と共に)
ニッポン・コネクション映画祭のリーダー マリオン・クロムファス氏とアニメーション専門家 村上寛光氏(当事務所職員と共に)

2016年6月12日 – WieMaiKaiのコンベンションで横浜をPR

NPO法人WieMaiKaiは、ラインマイン地方で活動する日本のアニメや漫画の愛好家の協会です。同協会は定期的に、アニメ・漫画・日本のポップカルチャーに興味のある人々が集まり交流できる場として、コンベンションを実施しています。今年のコンベンションで、当事務所はブース出展と着物着付けデモンストレーションを行い、横浜をPRしました。

 

2016年07月07日 - ニュースレター 2016年7月号

当事務所のニュースレター(2016年7月号)を発行しました。 (PDF 3.7 MB)

2016年10月7日 - 展覧会「横浜1868-1912:絵が輝き始めた時代」

フランクフルトの工芸博物館は、横浜の写真と日本の近代化と伴う変化について、大きな展覧会を開催します。西洋文化は横浜から日本に入り、開港から一年の1860年には横浜で写真館ができました。展覧会は初代の写真を後代の浮世絵と並列し、当時の日本の大きな変化を表開催期間:2016年10月8日~2017年1月29日(2017年5月28日まで延長されました)
詳細情報はフランクフルト工芸美術館のホームページをご覧下さい。

写真:

日下部金兵衛作 「刺青」
江戸の歌舞伎劇場 新富座前
© Museum Angewandte Kunst

2016年11月11日 - ニュースレター 2016年11月号
当事務所のニュースレター(2016年11月号)を発行しました。 (PDF 5.3 MB)