横浜がみんなの舞台になります!

横浜市は、3年に1度、現代アートの祭典「トリエンナーレ」、音楽フェスティバル「音祭り」、ダンスフェスティバル「Dance Dance Dance」を繰り返し開催しています。 2017年のトリエンナーレに続いて、今年2018年は、横浜市全体を舞台として、ダンスフェスティバルが開催されます。8月の初めから9月の終わりまでの毎日、モダンダンス、ジャズダンス、バレーなど多彩なダンススタイルのパフォーマンスやパレ―ドが行われるか、すべての年齢層の方にご参加いただけるワークショップやダンスが開催される予定です。

現在、開幕に向けた準備の一つとして、多彩なプログラムに出演する、プロフェッショナル及びアマチュアダンサーのオーディションが行われています。一例を紹介すると、ポカリスエットは、同社のダンスCMに出演する高校生100人を募集しています。

 

開催期間            平成30(2018)年 8月4日(土)から9月30日(日)まで <58日間>

会場      横浜市内全域 <横浜の“街”そのものが舞台>

 

詳しくは主催者のホームページをご覧ください。

Posted in 2018, 文化・観光.