横浜市立桜丘高校とシューレ・アム・リードが姉妹校締結!

2017年11月14日、横浜市立桜丘高校とフランクフルトにある総合学校シューレ・アム・リードが、姉妹校締結を行いました。この締結により、パートナー都市である横浜市とフランクフルト市は、若い世代のより一層の交流促進を目指します。

今後両校では、生徒の交換留学を実施し、部活動体験やホームステイなどを通じて、生徒間、学校間の相互理解と友情を深めていきます。 桜丘高校とシューレ・アム・リードは、自主性の尊重やそれぞれの個性・能力を伸ばすこと、創造力・実践力の養成という教育方針が共通しています。この合意が、日本とドイツの若者による自国文化の発信や外国文化の理解につながることが期待されます。

 

桜丘高校の中島 久男 校長は、創立90周年の記念すべき年に、両校の姉妹校締結を大変嬉しく思い、今後さまざまな交流を通じて、生徒がさらに異文化を理解し、国際社会に貢献できる人物となることを期待する旨のコメントを寄せています。

一方、シューレ・アム・リードのクリストフ・ガンス 校長 は、生徒並びに学校関係者すべてにとって、今回の姉妹校締結は大変素晴らしい機会となり、この交流プログラムを通じで、日本文化や日本人の温かいおもてなしを生徒たちにも感じてもらいたい、と話されています。

両校の交換留学は、2018年から開始される予定です。この新たな学校交流・交換留学は、横浜とフランクフルトのパートナー都市関係を、より一層強固なものにしてくれることでしょう。

Posted in 2017, フランクフルト&横浜.