横浜市フランクフルト事務所が開設20周年を迎えました!

1962年、横浜市の欧州駐在員事務所がハンブルクに開設され、その後1997年、フランクフルトに移転し、今年で20周年の節目の年を迎えました。それを記念し、11月15日、日頃からお世話になっているドイツ在住の関係者30名ほどをお招きし、フランクフルトで記念レセプションを開催しました。フランクフルト市からは、ウルスラ・フェッヒター副市長にご出席いただき、また、遠くベルリンやデュッセルドルフから駆けつけてくださったゲストもいらっしゃいました。横浜市役所からは、国際局部長の石川と温暖化対策本部部長の大倉が出席しました。

石川と大倉は同日、フランクフルト市エネルギー局のヴィーブケ・フィービッヒ部長と面会し、フランクフルト市が新たに開始した気候保護のキャンペーンや、温暖化対策分野での今後の両市の連携について、意見交換を行いました。また、市内にあるインダストリーパーク・へヒストを訪問して、今年導入されたばかりの水素バスに乗車し、エリア内を視察しました。

Posted in 2017, 市政.