フランクフルト市リード校が横浜市桜丘高校生を歓迎しました!

昨年10月、フランクフルト市リード校の生徒15名が横浜市立桜丘高校を訪問したのに続いて、今回桜丘高校の生徒15名がリード校を訪問しました。

昨年横浜で知り合っていた生徒達も多く、彼らはフランクフルトで再会を果たすことになりましたが、昨年月の交流には参加していなかった生徒にとっては、初めてとなるホストファミリーへの紹介が行われました。

リード校の生徒が日本の家庭で生活習慣を学んだように、桜丘高校の生徒もホストファミリーの家庭でドイツの生活習慣を経験することができました。 ホストファミリーや学校関係者、両市の市民グループ等にも支えられ、交流はとても円滑に行われました。

2月15日、リード校は桜丘高校を歓迎する大規模な式典を行いました。在フランクフルト日本総領事もそのイベントに参加し、桜丘高校の生徒たちと引率教諭2名を暖かく歓迎しました。リード校の生徒がオーケストラ演奏で歓迎したのに対し、桜丘高校の生徒はソーラン節を披露しました。また、日本や日本の教育制度に関するプレゼンテーションも行いました。式典には、フランクフルト市国際室のほか、フランクフルト独日協会、フランクフルト横浜市民ネットワーク、当事務所などが参加しました。式典終了後、フランクフルト横浜市民ネットワーク主催による昼食会が開催され、お寿司とフランクフルト名物料理が参加者に披露されました。

2月18日、フランクフルト市フェルトマン市長が両校の生徒たちと保護者を市庁舎に招待し、レセプションが開催されました。皇帝の間(カイザーホール)で歓迎セレモニーが開催されたほか、フェルトマン市長は、時間の許す限り生徒たちとの記念撮影に応じてくださいました。生徒たちには、かけがえのない想い出となりました。

18日午前には、桜丘高校の生徒たちはフランクフルト市がアレンジしたがシティーツアーに参加し、ゲーテハウスやマインタワーを見学しました。7 日間という滞在は短かったですが、生徒たちはお互いの文化や習慣を学び、新しいことを経験することができました。例えば、桜丘高校の引率教諭による柔道の体験レッスンが行われ、大盛況でした。また、桜丘高校の生徒は、その殆どが大学への進学を考えているため、横浜市立大学と交換留学協定を結んでいるゲーテ大学を訪問し、海外の大学の雰囲気を満喫する機会もありました。

関係者のご尽力により、この交流は大成功の内に終わりました。今後も隔年で相互訪問が続けられる予定です。

Posted in フランクフルト&横浜.